保護者からの声

一覧へ

《「ただいま〜」と「おかえり〜」》

三月中旬、あやめ幼稚園には決まって素敵な「ただいま〜」があります。それは小学校卒業式の日、式を終えたその足で卒業証書片手にやってくる「あやめ卒園生」。

式の後はここに来ることが当たり前になっているのでしょう。去年もその前も・・・私はたまたまその場にいたのですが、毎年繰り広げられているこの光景に胸がじ〜んとしました。
ちょっぴり涙の滲んだ瞳で先生が「役得よ!」と、この瞬間(大きくなった子どもに会う)が先生冥利に尽きると言わんばかりの微笑みで私に言いました。
余りに幸せな時間に居合わせた私は改めて、先生方が優しく子どもを包み込み、日々慈しんで接したからこそこんな日が来るのだと思いました。

広島に越してきて6年・・・あとどのくらい広島にいられるかわかりませんが、娘たちが卒業する頃は、たぶんここにいないでしょう。
でも何年たってもきっと「おかえり〜」と迎えてくれる先生とあやめ幼稚園は、間違いなく私にとっても娘たちにとってもふるさとです。

下の子も年長さん。残り少なくなった園生活を一日一日大切に過ごしたいと思います。

Y.S(2006年度卒園児/在園児保護者)