園長コラム 2017年度主題…愛されて育つ

一覧へ

◎7月主題…気持ちよく

年主題聖句:

あなたがたは神に愛されている子どもです。

(エフェソの信徒への手紙5章1節)

7月の聖書の言葉

天よ、喜び祝え、地よ、喜び躍れ/海とそこに満ちるものよ、とどろけ
野とそこにあるすべてのものよ、喜び勇め/森の木々よ、共に喜び歌え

(旧約・詩編96篇11,12節)

神の創造された天も地も、喜び踊り歌えと詩人は呼びかけます。
この言葉は2600年前の国々が互いに争う混沌とした世界の状況や、戦いによって人も自然も破壊された歴史的経験から紡ぎ出されました。

人の独善的な力ではなく、神の慰めと恵みによってあらゆる命が穏やかに生かされ、自然と調和して存在することこそ、真の喜びであるとの確信が歌われます。
そこに時代を経ても変わらない「平和」の姿が示されています。

聖書ではまた、何の心配もなく自由に遊ぶ子どもの姿が、平和の象徴として描かれています。園庭の土や水や小さな生き物たちと、思いきり戯れることで、「気持ちいい」体験を重ねていきたいと思います。

子どもたちの今が無条件に肯定され、心地よく喜び踊る(hopping)ような経験を積むことで、心の内に希望(hope)がはぐくまれます。
それが生きていく力となるのです。

また、子どもたちがいつも平和な世界を思い描けるように、互いに気持ちの通う、穏やかなつながりをつくっていきたいと思います。
暑い日々が始まりますが、無理のない範囲で暑さに慣れていくことも大切です。

あやめ幼稚園「園だより」より抜粋