園長コラム 2016年度主題…平和をともに

一覧へ

◎2月主題…信頼

年主題聖句:

キリストは私たちの平和であります。

(エフェソの信徒への手紙2章14節)

2月の聖書の言葉

「わたしたちは見えるものにではなく、見えないものに目を注ぎます。」

(新約・コリントの信徒への手紙II4章18節)

わたしたちは目に見えるものや、手で触れることができるもの、数字などのデータに左右され、表にあらわれる結果にどれほど心を奪われていることでしうか。

この手紙の著者パウロは、さらに続けて「見えるものは過ぎ去るが、見えないものは永遠に存続する」と語ります。

キリスト教宣教の際に厳しい迫害を受けたパウロは、「見える」一時的な人の評価でなく、「見えない」神の真実だけを頼りとして生きました。

世の中で本当に大切なものは、(見えない)心を満たす(見えない)信頼や愛、希望ではないでしょうか。

寒さの中でも庭の植物たちは確実に成長し、春の芽吹きへの備えをしています。
いっしょに過ごしてきた仲間たちの小さな変化にも気づき、互いの成長を認め合えるようになりたいと思います。

そうした深い関わりを通して、他者と見えない信頼や思いやりでつながっていることを経験していくのです。

子どもたちが園生活で得る最も大きなものは、やがてその人が自立していくときに芯となる「何か」だと思います。
こまが、その軸がしっかりと真っ直ぐであるなら美しく回り続けるように…

あやめ幼稚園「園だより」より抜粋