園長コラム 2016年度主題…平和をともに

一覧へ

◎10月主題…試行錯誤

年主題聖句:

キリストは私たちの平和であります。

(エフェソの信徒への手紙2章14節)

10月の聖書の言葉

「あなたがたは地の塩である。…あなたがたは世の光である。」

(新約・マタイによる福音書5章13,14節)

塩は、腐敗を防いだり、わずかでも全体の味を決める、食生活に欠かせない調味料です。

障がい者の施設津久井やまゆり園の事件に心がいたみます。
神が与えた命に、生きるに値しない命はありません。

知的障がいの子供たちに生涯をささげたクリスチャン糸賀一雄は、この聖句をもとに「この子らを世の光に」との信念で活動しました。

弱さを担う者に等しく価値を認め、その子自身が光として周囲を照らす役割を担い、幸せな世のあり方が示されると語ります。

イエスは「〜である」と、その人のありのままの姿を無条件に肯定します。

強者優先でなく、どの一人も「塩、光」として認められ、自己表現ができることが、安心して生きられる世界へつながっていると思います。

運動会等の行事や、新しい子どもたちとの出合いを通して、仲間意識が深まり、遊びも様々に進化していきます。

子ども同士がそれぞれの力を出し合い、試行錯誤しながら、より難しいことにも挑戦しようとする意欲が育まれています。失敗もトラブルもまた成長の糧にできる子どもたちの力に信頼し、見守りましょう。

園庭や登園の道みちで、秋の気配にも心を動かして、季節の変化を感じ取れればよいですね。

あやめ幼稚園「園だより」より抜粋