園長コラム 2016年度主題…平和をともに

一覧へ

◎06月主題…関心

年主題聖句:

キリストは私たちの平和であります。

(エフェソの信徒への手紙2章14節)

6月の聖書の言葉

「神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。」

旧約・創世記1章31節

聖書は「天地創造物語」から始まり、存在するすべてが神によって造られたと教えます。
被造物を神はみて「よかった」と語ります。

この「よい」は究極的な肯定の言葉で、ただそのままで美しく、調和しており、命に満ちているという意味です。
その美しさをどれほど私たちは感じることができているでしょうか。

人に都合の良いように自然を変え、破壊し、取り返しのつかないものさえも造ってしまったのです。子どもたちに、草木や小さな生き物に潜む美しさ、不思議さを感じとって欲しいですね。

安心して園で過ごせるようになると、子どもたちの視野が広がり、園庭の小さな変化や、花一輪、やって来る小さな命たちにも関心が向かいます。

他の命への気づきは、自分の命の再発見でもあり、仲間への思いやりにもつながってきます。
不思議に思うことの中から、想像力、創造力が育まれていきます。

すぐに知的な"教育"はしないで、ふしぎはふしぎのままで、そっとしておきたいですね。

あやめ幼稚園「園だより」より抜粋